そもそもマーケティングとは何か?

そもそもマーケティングとは何か?

「マーケティング=市場調査や広告」ではない

マーケティングは、いまやビジネス活動に必須のものとなっています。ところがこの言葉は、まだ正しく理解されず、独り歩きしているのが実情ではないかと思われます。例えば、マーケティング=市場調査を考えている人がいるかもしれません。ある以下、広告を作って宣伝することがマーケティングだと考えている人がいるかもしれません。マーケティングには市場調査や広報・宣伝なども当然含まれていますが、それらはあくまでもマーケティングを構成する一部なのです。

企業が顧客を獲得し、成長するために、市場調査で顧客の欲求や要望をくみ取って分析したり、広報・宣伝で得られるフィードバックを生かしたりしながら、魅力的な製品やサービスの開発につなげる取り組み。これを総称して「マーケティング」といいます。

マーケティングは4つのPで考える

マネジメントの研究で知られるピーター・ドラッカーは、「マーケティングとは、セリング(販売活動)を不要にするもの」だと言っています。あえて販促活動を行わなくても、顧客が製品やサービスを進んで買ってくれるようにするための活動、それこそがマーケティングノ目指すものだというのです。別の見方をすれば、製品・サービスが売れるようにするための仕組みや環境を作る活動のすべてがマーケティングなのです。

マーケティングを考える際には、その前提として、「4P」の概念をまずは頭に入れておくべきでしょう。4Pとは、

  • 「製品(Product)」
  • 「価格(Price)」
  • 「流通(Place)」
  • 「プロモーション(Promotion)」

の4つ頭文字を意味しています。

「製品(Product)」
顧客の欲求や要望に対してどのような製品・サービスを提供するか?

「価格(Price)」
どのような価格で製品・サービスを提供するか?

「流通(Place)」
どのような販路や場所で製品・サービスを流通させるか?

「プロモーション(Promotion)」
製品やサービスをどのように顧客へ知らせるか?

です。

マーケティングを考える概念としては、この4Pを顧客視点で進化させた「4C」も登場しています。4Cは

  • 顧客にとっての価値(Consumer Value)
  • 顧客にかかるコスト(Cost)
  • 顧客にとっての利便性(Convenience)
  • 顧客との対話(Communication)

の頭文字からとった言葉です。

revio! Googleアナリティクスレポート作成サービス